21日 10月 2018
 大学受験をするにあたっては、どうしても自分1人ではできないことが出てきます。それは悪いことでありません。自分の目標を達成するために、信頼できる指導者の下で適切な方法論にのっとって勉強する。それ自体は至極当然です。  ただし、ここで問題となるのは、「どうやって予備校を選ぶか」ということです。...
16日 10月 2018
 「小論文は論理的に書くことが大事」とはよく言われることです。  では、「論理的である」とは、どのようなことなのでしょうか?すぐに答えられる方は少ないかもしれません。  私は、「論理的である」とは、「読んでいる間に疑問符がつかないこと」だと考えています。これはどういうことでしょうか。例文を挙げて考えてみましょう。...
29日 9月 2018
 塾長の菊池です。これまで小論文模範解答集ということで淡々と掲載しておりましたが、今後は時折他の記事も掲載いたします。  「起承転結」という言葉は、小論文を書くときでなくとも、皆さん一度は見聞きしたことのあるものだと思います。...
26日 9月 2018
【課題文要約】  運動が不得意な小学5年生A子さんは体育の授業で逆上がりができなかった。B先生は個別練習を提案し、ついにA子さんは逆上がりを成功させた。A子さんはこうつぶやいた。「やったよ・・・B先生。これでもう、逆上がりはしなくていいんだね。」 【設問引用】...
07日 6月 2018
設問Ⅰ この文章を300字以上360字以内で要約しなさい。(「Living for Today」という用語は使わないこと。)...
03日 6月 2018
問 チームワークとはどのようなことかあなたの体験も交えて述べなさい。 [300字以上400字以内 50分] 解答  「チームワーク」とは何か。私の考えを述べる。...
03日 6月 2018
問 あなたの学問への思いについて述べなさい。 解答  学問は大きく二つに分けられる。一つには「人文科学」があり、他方には「自然科学」がある。人文科学は、文学や歴史学などを扱う。一方、自然科学は、工学や理学などを扱う。学問を二つに分類した上で、私の考えを述べる。...
03日 6月 2018
A方式第1期 問 あなたの科学への思いについて述べなさい。 解答  「科学」は、技術的な応用の可能性を秘めたものである。では、「科学」とは何か。私の考えを述べる。...
03日 6月 2018
 本問の課題文では、老人ホームの入所者に親切に接するあまり、入所者の依存を招き、結果的に入所者や施設の人、そして自分自身までが不快な思いをしてしまっているボランティアの姿が描写されている。こういった、ボランティアの悲劇のような描写は、災害のときなどにも描かれるものである。課題文の筆者は、「本当に善を行いたいのだったら、『微に入り細にわたって行わねばならない』」と述べている。では、本当に行われる善とはそもそも何なのであろうか。  本当に行われる善、それは、独りよがりでない、周囲の人々のことも考慮に入れた、全体最適を求める行為である。全体最適とは、自分と他者を含めた、グループやコミュニティ全体がよりよい方向に進むことであると考える。自分からしてみればいかに「善行」であると考えられるとしても、周囲の人々の利益にならなければ、それは単なる独りよがりなものとなってしまう。自分の行動が他者にいかなる影響を及ぼすか、それを常に考え続けながら行動すること、それが本当に行われる善であると私は考える。  そして、筆者が述べている、「微に入り細にわたって」行われる善、それが先ほどの全体最適を追求した行動なのだと考える。単に親切に独りよがりの「善」をするということではないのである。これは、課題文の老人ホームという福祉の現場だけでなく、医療現場にも言えることだろう。医師や歯科医師、その他医療専門職が良かれと思ってした行動が、思わぬ副産物を生じさせてしまうこともある。たとえば、ある医療スタッフが、患者に対して何から何まで援助をしてしまうと、その患者に依存する気持ちが生まれ、結果的に良くない方向に進んでしまう。それを防ぐためにも、周りの人々や集団全体を考えた行動、すなわち集団の全体最適をどこまでも考えた行動が必要不可欠なのである。これこそが、独りよがりでない、周りの人々を考慮した最適解を出すことにつながるのである。 (800字)

さらに表示する